HOMEへ戻る

近隣のおいしい記事集

 

夏の超美味・トビウオの刺身

 

初夏を代表する鳥取の味 とびうお 鳥取では「あご」と呼ばれ、初夏の訪れを告げる味覚として親しまれています。

どこで食べれば良いかは私も知りませんが、地元系のスーパーなら300円前後で販売されている。 夏しか売られていません。 赤身と白身が混ざったような味は、山国育ちの筆者には強烈なうまさでありました。

これを食べずに魚好きとは言えません。


話は変わりますが、私と嫁さんが実際に行って、食べてみて 【あ〜あ、おいしかった・また来よう!】と思ったひるぜん近隣のおいしいお店・料理をご紹介します。

0.すし  米子市のすしみなと 福市店 回転すしのレベルを2ランクくらい越しています

 

私は毎週2回行ってます。 予算は2,000円以下 ひるぜんから車で40分

1.山菜料理 真庭市美甘のしげや 街には無いお店、季節の山菜料理が大変おいしい。

予算は7,000円くらい。 多分、要予約 子供は山菜があまり好きではなく、捨て金になるので子供同伴は避ける。

ソバよりこちらがずっとおススメ。 *元岡山県知事が通っていたという有名でないけど名店。 ひるぜんから車で30分、蒜山インターから新庄、美甘方面の道が広くて便利。他にもルートはありますが細いのでやめた方が良いです。

 

2.うどん 倉吉市のちよ志

 

鳥取県民だったらほとんどの人が知っているお店。 うどん好きの私が丸〇製麺の2倍うまいと熱心に通う店。 セルフサービスです。

予算は700円 ぶっかけ生うどんは絶品

3.ひるぜんヤキソバ 悠悠

 

実はひるぜん農園のとなりにあります。 週末は行列で忙しそうです。

4.ジンギスカン ひるぜん高原センター

 

外観がお城みたいです。 予算は2,000円以下。 タレが美味しかったのが印象的でした。 家族で訪れる方には特にオススメです。

 

5.すき焼きうどん・メニューには無い真庭市蒜山の高原亭

蒜山ICから湯原方面に約2km、左にあります。 メニューにはありませんが、すき焼きうどんがおいしいです。 予算は700円ほど。

 

6.韓国料理  真庭市蒜山の木の実

当初岡山市内にあった料理店ですが、なぜか蒜山にきて営業されてます。 夏はやはり冷麺が一番おいしいと思います。 場所はちょっとわかりにくい。 蒜山ジャージーランドの近所。 電話番号・問い合わせ, 0867-66-5511

 

7.ピザ・イタリア料理  真庭市久世のイルターボロ

そんなに広いお店ではないのです。 人気店なのでいつも混雑しています。 本格的な石窯ピザ屋さんです。 ピザは、やや厚めですがモチモチ感が絶妙です。 パスタも美味しかった。 予算は1500円ほど。 場所は米子道久世IC右折、約1KM 左側です。

 

8.焼肉 真庭市久世の大龍

 

ホルモンうどんやひるぜんやきそばなど肉を使った料理が有名なこの地。

古くから山陰と山陽を結ぶ交通の要所であったため、8世紀には農耕や輸送に用いるための牛の市が開かれていました。

江戸時代には、仏教の影響により肉食が禁止されていましたが、近江彦根藩(滋賀県)と当時、津山を治めていた津山藩のみ薬として食べる「養生食」として肉食が認められていました。

「養生喰い」とは、字の如く「健康のために食べる」「薬として食べる」という意味であり、明治12年に当時の陸軍がまとめた全国主要物産には、東南条郡川崎村(現在の津山市川崎)の牛肉として掲載されており、津山の牛肉は全国的も有名であったそうです。

その証拠に、開国後外国人が多く日本に入ってくる中で、神戸に慰留した外国人は津山の養生喰いのおかげで牛肉の入手に苦労しなかったと言われています。(参考:岡山畜産史 津山朝日新聞)

そんな肉にうるさい人にずっと支持されている焼き肉屋です。

まずい訳はありません。

 

9.ジャージーソフトクリーム 真庭市蒜山のジャージーランド

 

ジャージーソフトなら他にもありますが、 ジャージーランドはジャージー牛の保有数が日本一の蒜山酪農直営店です。 ジャージープレミアムソフトクリーム380円(2016時点)は、ジャージー牛乳の美味しさが生きてます〜
濃厚で美味しかったです。

話は変わりますが海遊びで私がよく行くのは鳥取県の中部、ハワイ海岸。

蒜山から国道313→9号線約10分。

このハワイ海岸、海の家に誘導されやすいので、無視して300メートほど進み、左折すると大きなトイレ付きパーキングがあるのでここがおすすめ。 パーキングの下は海でハワイ海岸と繋がっています。

ここで海水浴、読書、昼寝、お好みで・・・ 最近は海水浴を敬遠する小学生が増えている。 日焼けを嫌い、海水が体にべとつくのが嫌だということですので昭和生まれの私は出る幕がないようです。 読者の想定を子供連れから大人の蒜山の遊び方に変更します。

ともかく トイレの裏側の松林にハンモック、ビールを片手にまどろむと日々のストレスもなくなります。


寝たし小腹も膨れたら、ファミリーは子供がいるのでじっとしてはいられません。 とりあえず、子供ウケする海へでも行きましょうか? 実は日本海までひるぜんから車で50分程度。

朝、10時頃までならコアジやキスも海辺から釣れるので釣り好きファミリーにはいいかも。

 

でも、夏には海の家なる駐車場代をとるワナにはまるので要注意! 明日には駐車場代不要の海辺パーキング、トイレ付きをご紹介しますね・・・


KAYA2.jpg

 

宿泊費をケチりたい方野宿ですがひるぜんのスポーツ公園の駐車場から西へ100メートルほど行くと公衆トイレがあり、その裏に大きな芝生公園があります。 手足を伸ばして寝たい方はここがオススメ。  でも蚊帳(コンビニ等で2000円以下)と下に敷くアルミマットは準備して行った方が良いです。

また、朝方は寒いので毛布があったほうが良いと思います。 朝はこんな感じ・・・・

食材は近所のコンビニで調達・ジャージー牛乳はおいしいので必須です。